食欲不振

食欲不振

食欲不振とは食べる気がしない、空腹を感じない、食べ物が偏るなど食欲がわかない、食欲を失った状態の事を言います。主な原因として消化器疾患、疲労、薬の副作用、ストレスなどがあげられます。

人にとって食べるということは生命活動を維持する上で欠かせない行為です。食欲不振により必要な栄養素が摂取できなくなる場合がありますので疲れているのだろう、そのうち食べたくなるだろうなどと考えず、食欲がわかない状態が続いているようでしたら、当院へご相談下さい。

〜 食欲不振の原因 〜

  • 消化器などの臓器の疾患: 胃腸、肝臓、膵臓などの臓器障害など
  • 甲状腺機能低下症
  • ストレスなど精神的な原因
  • 生活習慣の乱れ: 運動不足、睡眠不足など不規則な生活による自立神経の乱れ、また過度の飲酒、食習慣の乱れなどによっても食欲不振の原因となります。
  • 脱水、熱中症など
  • その他

食欲不振を来す疾患としては胃癌、慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、その他消化器疾患、甲状腺機能低下症などがあります。

当院ではお話をよく伺って食欲不振の原因について患者さまとともに考えて参ります。緊急に必要な検査があれば関連病院にご紹介し精査をし、原因治療を行います。また、その他の原因を調べるため採血なども行い、症状を改善するための治療を行います。

夏場は知らぬ間に脱水や熱中症で身体がだるく、食欲不振になる事が多々あります。お話をよく伺って食欲不振を一緒に解決して参りますのでお気軽にご相談下さい。

藤村診療所のWEB予約
藤村診療所のオンライン診療